ジェネリック医薬品について

従来の医薬品とジェネリック医薬品は何が違う?

>

ジェネリック医薬品の基本情報概要

新薬との違い

ジェネリック医薬品と新薬の大きな違いは、価格を始めとして、味や形状が挙げられます。
患者の声や医療現場の感想を基に、新薬と有効成分や効き目を殆ど同等にしている上で、形や味などを改良して、小さい子供や高齢者にものみやすいように工夫されています。
つまり、基本的に新薬と同じ有効成分を同じ分量配合されています。
異なる点として、薬の形状、味、色味や添加物が挙げられます。

ジェネリック医薬品は、患者ファーストな薬とも言え、出来るだけ忠実に有効成分を新薬によせ、価格は良心的に、また全世代に対して飲みやすい薬です。
国の審査にもクリアしており、日本においては大体において信用が出来ます。
それ故に、副作用も大体、新薬と同じと言われております。

品質について

ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬の特許期間中に効き目や安全性が十分に確認されたものです。
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という法律に基づいて、国の監査が入り、一定の基準にクリアをしている薬です。

一般的に、研究開発、生産、販売と大まかに三つの工程に分けられ、それぞれの工程に一定の基準があります。
品質管理や衛生面の確保はしっかりとしており、製薬会社によっては、国が設けている基準よりも厳しい基準を設けて、患者に対してより安全な薬を提供する努力をしているところもあります。

副作用も、新薬とほぼ同等と言われており、ジェネリック医薬品からくる特別な副作用は無いと一般的には認識されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る