ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品の基本情報概要

最近よく見かける「ジェネリック医薬品」という単語。 従来の医薬品と同等の成分で、従来よりも価格が安くなるという情報を耳にしたことがあるかもしれません。 知識不足なために損をしてしまうのは勿体ないです。 今回はジェネリックの基本中の基本から纏めました。

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

新薬と同等な成分で、安く入手出来ると聞くといいことしかないと感じるかもしれませんが、ジェネリック医薬品にも実は意外な落とし穴があります。 メリットばかりに目を向けていては危険です。 メリット・デメリットの双方の角度から観察して、建設的な情報収集が出来るように記事に纏めました。

従来の医薬品との違い及び海外事情

ジェネリック医薬品は、結局従来の医薬品と何が異なるのでしょうか。 その疑問をジェネリック医薬品のメリット・デメリットを踏まえて考察していきます。 今回は、ジェネリック医薬品と従来の医薬品を比較するという形で纏めました。 また、海外事情にも触れておきます。

ジェネリック医薬品の基本情報

「ジェネリック医薬品」という言葉は、日本語に直すと「後発医薬品」と訳されます。
英語で「一般的な」という意味を持つ単語で、特定のブランドでは無く、一般名が使用されていることから日本でもジェネリック医薬品と呼ばれています。

その特徴を一言で表わすと、「同等の成分を安価で手に入れられる薬」と言えます。
新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、新薬開発会社とは別の会社が、同じ有効成分で開発及び販売されるため同じ効き目で安く製造が出来ます。
つまり、一般的にジェネリックは新薬と同等の有効成分で製造され、効き目や安全性はそのままで発売されています。
また、開発期間が新薬と比較して大幅に短縮されており、その分価格が抑えられているということも特徴の一つです。

薬は、開発した企業が特許を取得し、約20年~25年の間、その企業が独占的に製造及び販売をしています。
独占状態であるために、競合他社との競争も発生せず、その特許を取得している企業が、一方的に値段を設定できるため薬自体の値段も高くなっています。
しかしながら、その特許期間が切れると競合他社も製造や販売が可能となり、競争が生まれるため、自然と値段も安くなります。

突発的な風邪や熱ときのみ薬を服用する人にとっては、実質的な利益はあまり見込めないかもしれませんが、糖尿病患者などの生活習慣病を患っている人やがん患者などの長期的に薬を服用する人にとっては安価で入手出来る薬は魅力的と言えます。

このサイトでは、そのジェネリック医薬品の基本的な情報からメリット・デメリット、処方の方法まで細かく纏めています。

おすすめリンク

大阪にある老人ホームを検索してみよう

有料老人ホームから特養老人施設まで、大阪府内にある老人ホームをまとめて検索できます。

渋谷区にある矯正歯科医院を徹底比較

治療だけでなく矯正もしたい!渋谷区にある矯正歯科医院を徹底比較しながら紹介しています。

電子カルテを導入するメリットとは?

医療部門で人気の電子カルテを導入した際の、効率面やメリットなことなどをまとめています。

TOPへ戻る